2008年05月13日

ホームヘルパーのお仕事

福祉関係の職業に就きたいと、思っとる女性は多いやね。
中でも、人気のある職業に「ホームヘルパー」があるんや。

ホームヘルパーの仕事内容は、「生活援助」「身体介護」「相談やアドバイス」やらなんやらに分けられまんねん。

生活援助は、家事全般のサポートや。
炊事、洗濯、買い物まで、日常生活における家事全般の手助けをしまんねん。
これだけなら、民間の家事代行業者や、家政婦はんと同じように思ってしまおるけどダンはん、ただ家事を行うだけでなく、できるだけ本人の自立意欲を高めるような手助けを行っていく必要があるんや。
また、利用者が快適に思ってくれることが大切や。
掃除の仕方1つでも、そのお家によって仕方が違いまんねんわよね。
しっかり片付けておくよりも、ちびっと散らかしておいてほしい、と思っとる人もおるかもしれまへん。利用者としっかりコミュニケーションをとって、利用者の意思を尊重するようなサポートが大切や。

身体介護は、大きく分けると3つに分けられまんねん。

最も主となる仕事は、食事や排泄の手助け、衣服の着脱、体位変換、やらなんやらのような、医師の指示を必要とせんとヘルパーの判断で行う介護や。
利用者の体に直接触れて行う介護には、細心の注意が必要や。
特に、高齢者になると、力の入れ方を間ちゃうと骨折させてしまう恐れもあるんや。
必ず2級以上の講習を受けてから行うようにしまひょ。

ヘルパーの判断だけではややこしい介護もあるんや。
病気やケガ、障害やらなんやらで医師から特別な指示がある場合は、その指示のもとに、適切な食事や排泄の手助け、体位変換をする介護が必要になるんや。

通院に関連した介護もあるんや。
病院までの送迎や、診察に立ち会ったり、薬を受け取りに行ったりするやらなんやら、通院に関連するみなの行為の手助けをしまんねん。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯科助手になるには

女性に多い職業と聞くと、「歯科助手」を思い浮かべる人は多いのではおまへんでっしゃろか。歯科助手とは、歯医者はんのお手伝いをする人やね。
歯の治療が苦手な人は多いと思うんやが、歯科助手はんの優しい笑顔は気持ちをリラックスさせてくれまんねんよね。

歯科助手になるためには、特別な資格は必要おまへん。
歯科助手に若い人が多いのも、こうした理由からなのや。

やけどアンタ、試験が必要ないからといって、すぐに歯科助手として仕事をするのは困難や。実際の職場では聞いたこともない専門用語が飛び交い、働きながら学んでいくには、相当の努力が必要になるんや。実際、歯科助手として仕事を始めても、半年もたたないうちにやめてしまう人はどエライ多いそうや。

職場でスムーズに仕事を覚えるためには、就職する前にオノレである程度の勉強をしておくことをおすすめしまんねん。
オノレで学ぶ方法には、専門学校で学ぶ方法、通信教育で学ぶ方法、また本やインターネットやらなんやらを使って、専門用語だけでも覚えておく方法とあるんや。

自己流の勉強では、やはり最初は辛いかもしれまへん。
お金はかかりまっけど、専門学校や通信教育で学んでおいた方が、現場での仕事が吸収しやすいでっしゃろ。

歯科助手のお給料は、地域によって違おるけどダンはん、平均するとパートだと時給1000円前後、社員になると月給では約17、18万円〜のようや。
一般的な事務職と比較すると、ちびっと高めやね。
仕事内容はエライやけどアンタ、スキルアップさせていけば、時給やお給料はアップしていきまんねん。頑張ってみまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯科助手のお仕事

女性だけの職業の1つに、「歯科助手」があるんやね。
歯医者はんで、にこやかに、てきぱきと働く歯科助手はんは、女性にとって憧れの存在であると言えるでっしゃろ。

歯科助手のお仕事は、治療以外の業務全般や。
その内容は、どエライ幅広いものや。

・受付業務
これは、歯医者だけでなく、みなの病院の受付にあてはまる仕事やね。
患者はんはさまざまで、初めての人や、再初診、再診の人、痛みがひどく緊急で来とる人やらなんやらや。
どないな患者はんでも、スムーズに診察を受けることができるよう、的確な応接能力が求められまんねん。
受付業務には、こうした患者はんへの対応の他に、電話対応、カルテ作成、会計、健康保険診療の手続き、医院内や外の清掃や草むしり、患者はんの子供のお世話、植物への水やり・・・やらなんやら、色々な仕事があるんや。
医院によっては、診察に関わる歯科助手の仕事と、受付業務の仕事とで区別しとるトコもあるんや。

・診療室業務
一番メインの仕事といえまんねんね。医師の治療がスムーズに、効果的に行えるように、治療のアシスタントをしまんねん。
患者はんは、次はどないな治療をするのかな、痛くないかな・・・やらなんやらと、少なからず不安を持ちながら座っていまんねんわ。
そないな患者はんの心配を解消し、治療を全力で行うのが医師やけどアンタ、歯科助手はんの働きもどエライ大切になるんや。
医師の指示にすぐに反応し、てきぱきとした動きが求められまんねん。
具体的な仕事には、治療に関する器具や材料、薬品の名前を覚えて治療前に準備しておく他に、治療中の器具や器材の受け渡し作業、ライトをあてるやらなんやらといった治療の介補、レントゲン撮影の介補、器具の消毒やらなんやらがあるんや。
慣れるまでには、相当の経験と時間が必要や。
最初はできなくて当たり前、あきらめんと真面目に取り組むことが大切や。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図書館司書とは

本好きな人に人気の職業に、「図書館司書」があるんや。
図書館司書は文字通り、図書館でお仕事をする人のことやけどアンタ、勤務時間が決まっていて柔軟性がある職場やので、読書好きな、特に女性に人気のある職業や。

図書館司書のお仕事ちうと、図書の貸し出しをしたり、本棚を整理したりといったことを想像する人も多いかと思うんやが、実際にはそれだけではおまへん。
図書館の資料の収集や整理、保管やらなんやらの基本業務の他に、他の図書館との連携も大切なお仕事や。
図書館司書は、利用者が求めとる資料や本を的確に提供する必要があるんや。
利用者が借りたい本がなかった場合、他館から本を取り寄せて提供せへんけまへん。また、ようけの利用者が多様にアクセスできる検索装置の整備も大切な仕事となり、その業務内容は幅広いものになるんや。

図書館司書になるためには資格が必要なのやけどアンタ、この資格は1日の試験で取得できるちうものではおまへん。
図書館司書の単位がある大学で講座を受講して資格を取得するほか、所定の単位を履修することで取得する必要があるんや。

取得するのにはちびっと時間がかかる資格であるといえまっけど、この資格は公立図書館で働くときに必要な資格や。
図書館には、公立図書館のほかに大学図書館、学校図書館、専門図書館やらなんやらがあるんや。このような図書館なら資格がなくても働くことができまんねんし、図書館で働きたいだけなら司書としてではなく、アルバイトやパートとして働いてもええでっしゃろ。

また、図書館司書は、なかなか求人がないちう実態があるんや。
図書館には比較的年配の社員がようけ、世代交代が少ないといった傾向が多いようや。

図書館司書の資格を考えとる人は、こうした図書館の実態を良く考えた上で、資格を取得する必要があるかどうかを判断するようにしまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。