2008年05月13日

お花に関する資格

女性なら、どなたはんでもいっぺんは憧れたことがある「お花屋はん」。
お花に関する職業を目指しとる女性は多いのではおまへんでっしゃろか。

お花に関する資格には、色々なものがあるんや。
資格がなければ、お花の職業には就けへん、ちうわけではおまへんが、就職する時には有利にはたらくこともあるんや。
民間の団体が独自に設定しとる資格もあるんやが、やはり、一番目安になる資格は国が認めとる国家資格やね。
お花に関する国家資格には、以下のようなものがあるんや。

・フラワー装飾技能士
パーティ会場や結婚式場、ブーケや花束の作成に関する資格や。

・園芸装飾技能士
ガーデニングが好きで、園芸に関する仕事に就きたいと思っとる人なら、挑戦してみてもええかもしれまへん。
土の配合から、苗の植え替え作業、木の剪定や寄せ植え作りやらなんやら実務の試験があるんや。
・造園技能士
ウチは造園に関する資格や。
ガーデニングが好きで、お庭のデザインにも興味がある人におすすめや。
土のことから、ブロックやらなんやらを使った施工作業、樹木の種類や植え方までの実務試験があるんや。

3つの資格とも、かかる費用は、実技15700円と学科が3100円程度や。
都道府県によっても違おるさかいに、チェックしてみまひょ。

また、どの資格も3級〜1級まであるんや。
行われる時期は、それぞれ違い、また級によってもちゃうので注意しておくんなはれね。
申請は試験日の2ヶ月ほど前から始まるので、考えとる人は早めにチェックしまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

派遣社員とは

女性が活躍する職業には色々なものがあるんやが、結婚して家事や育児に忙しく、仕事をしたいけどなかなかええ仕事が見つかりまへん・・・ちう主婦の人は多いのではおまへんでっしゃろか。
主婦業をしながらの、正社員としての仕事は確かにエライや。家事や育児の合間にちーとばかしだけ働きたいんやけど、主婦がよく働いとるスーパーやらなんやらのパートでは、時給は高くても900円前後や。やけどアンタ、そういったパートも、仕事内容は決して楽な仕事ではおまへんよね。働くからには、もうちびっとお給料が欲しい、また、オノレのスキルを活かした仕事をしたい、ちう人は、派遣社員として働くことをおすすめしまんねん。

派遣社員とは、派遣会社に登録しておいて、紹介された仕事に就き、派遣会社からお給料をもらうちうものや。
きょうびでは、主婦に向いとる仕事の形態として、人気を集めていまんねんわ。
何故主婦に向いとるのでっしゃろ?
それには色々な理由があるんやよ。

まず、主婦だけに限られたことではおまへんやけどアンタ、時給が高めちう利点があるんや。
派遣の仕事は、主にオフィスでの仕事やけどアンタ、ほとんどの時給は1000円以上や。
中には、2000円程度になる仕事もあるんやよ。

大きな会社で仕事ができるちう点も、人気の1つや。
結婚や出産を機に退職してしまうと、その後、なかなか大手企業での就職はややこしいやね。
きょうびでは、大手企業での派遣社員の数が増加傾向にあるんや。
大手企業でのお仕事は、たくはんの人とも知り合いになることができ、働きやすいええ環境である場合が多いや。
仕事を通じて、オノレの世界が広がりやすいちう点も、人気の一つなのやね。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

派遣社員のメリット・デメリット

正社員でもなく普通のパートともちびっとちゃう「派遣社員」は、若い女性、中でも主婦に人気のある職業や。
派遣社員のメリットは、普通のパートよりも時給がええ、ちう点や、大きな会社で仕事をする機会もあり世界が広がる、といった点があるんや。
また、オノレの好きな時間に、好きな場所で仕事ができるといったメリットもあるんや。
これは忙しい主婦にとっては、どエライ大きなメリットやね。
気になる残業やけどアンタ、あらかじめ、残業のない仕事を選択しておけば、無理に残業させられるといったことはおまへん。

ええトコばかりに聞こえるけど、派遣社員にデメリットはないのかな?と思う人もいまんねんわよね。派遣社員のデメリットといえば、当然やけどアンタ、正社員と違いボーナスがない点や。
派遣社員として長く働き、会社に大きな業績を残すことができたとしても、ボーナスは支払われまへん。

金銭的なデメリットをあげれば、交通費の問題もあるんや。
派遣社員の場合、選択した仕事によりまっけど、交通費が支払われへん場合があるんや。
また、支払われたとしても限度額が決まっていて、全額支給はややこしい場合もあるんや。
仕事を選択するときは、時給だけに目がいきがちやけどアンタ、交通費の面も考えた上で選択するようにしまひょ。

年齢の壁がある、といった点も、派遣社員としてのデメリットといえまんねん。
派遣社員のお仕事で一番多いのが一般事務なのやけどアンタ、事務には専門知識はそれほど必要とせんので、会社側も、年齢が高く経験豊富な人を選ばなくてもええといったことがあるんや。
35才を過ぎると、派遣社員としての仕事量が減るといった現状も覚えておきまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

派遣社員の登録会

きょうび、若い女性や主婦の間で人気のある仕事スタイル、「派遣社員」。
派遣社員は普通の職業とは違い、オノレの好きな時間に好きな仕事ができるといった点が人気の1つや。

派遣社員として仕事するためには、まずは派遣会社に登録することが必要や。
登録するためには、登録会に参加しまひょ。
求人誌や新聞やらなんやらに、様々な派遣会社の登録会の案内が記載されていまんねんわ。
それらをチェックして、希望の会社の登録会に電話やメールで予約をしまひょ。
人気のある会社の登録会では、希望日に予約がでけへんこともあるので、登録を決めたら早めに予約することをおすすめしまんねん。

予約できたら、いよいよ登録会や。
当日は、派遣システムの説明や、スキルチェック、どのような仕事をしたいかやらなんやらのカウンセリングを行いまんねんわ。
登録シートへの記入も必要となるので、オノレの履歴や職務経験やらなんやらを見直しておきまひょ。
登録シートの記入は、会社によっては登録会の前にインターネットで送信しておくことも可能や。事前にチェックしてみておくんなはれね。

気になるのがスキルチェックやね。
スキルチェックは、主にパソコン操作のスキルになるんや。
文字入力やエクセル、簿記やらなんやらのスキルチェックを行おるけどダンはん、できなかったからといって仕事がなくなるわけではおまへん。
緊張してしまうかと思うんやが、なるべくリラックスして行いまひょ。

カウンセリングでは、希望の職種や、残業の有無やらなんやら、オノレの希望を伝えておきまんねん。
心配なことはどんどん質問しておきまひょ。
気になっとった仕事がある場合には、それも伝えておきまひょ。
その仕事には就けなくても、同じような仕事を紹介してくれまんねんよ。
伝え忘れることがないように、メモをとってカウンセリングに臨みまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。