2008年05月13日

フローリストとは

女性が憧れる職業の1つに、「フローリスト」があるんや。
フローリストとは、簡単にいうとお花屋はんのことや。
いつもお花に囲まれて綺麗なお仕事、ちう印象もあるかと思うんやが、実際にはそれだけではおまへん。仕事内容は多種多様で、お花の仕入れから管理、花束やフラワーアレンジメントやらなんやらのギフト作りやらなんやら、色々な技術や知識が必要になるんや。

仕入れ作業は、朝早くに行いまんねんわ。
自ら市場へ足を運んで、競りをして花を仕入れてくる所もあれば、パソコンで受注作業を行い、市場へは花を取りに行くだけちう所もあるんや。
また、お店によっては仕入れ作業は他の業者に代行してもらう所もあり、花屋はんによって様々や。

仕入れたお花は、そのまんまでは売ることができまへん。
形を整え、水揚げをし、綺麗な状態で店頭に出しまんねん。
お店が開いとる間は、販売の仕事もあるんやし、その間に配達作業もあり、アレンジメントやブーケやらなんやらのギフト用品の製作もあるんや。

決して綺麗な仕事だけではなく、お花がホンマに好きで、やる気と体力がないと続けられへん仕事や。
花屋はんには短期アルバイトが少ないのも、こうした理由からなのや。

お花屋はんになるには、取得せへんけへん資格はおまへん。
販売の経験や、運転免許証はあった方が何ぞと有利かと思うんやが・・・。

フラワーアレンジメントの資格は?と思う人も多いかと思うんやが、お花屋はんに就職する時にはそれほど重要視されまへん。
お花屋はんで仕事をしたいけど、アレンジメントの資格をとってから・・・と考えとる人は、まずはお気に入りの花屋はんを見つけて、就職活動をすることをお勧めしまんねん。
フラワーアレンジの資格が活きるお仕事は、花屋はんの中でも10%程度や。
花屋はんにとって必要なのは、まずはやる気と根気、なのや。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーアレンジメントの先生になるには

お花に関わる仕事は、女性にとっては魅力的なお仕事やね。
中でも、フラワーアレンジメントの先生って、憧れの存在に思う人も多いのではおまへんでっしゃろか。
フラワーアレンジメントを習っていて、趣味にしとる人は多いやけどアンタ、それを職業とする先生になるにはどうしたらええのでっしゃろ。

最も一般的な方法は、フラワーデザインのスクールに通い、「お免状」をもろて先生として活動する方法や。
この「お免状」は、スクールによって違いがあり、免状を掲げて自宅でひっそりとフラワースクールを開催してもええ、ちうものや、スクール内でのみ先生やアシスタントとして仕事できるものやらなんやら、様々や。

実際には、免状がなくても教室は開くことができまんねん。
やけどアンタ、ほなら生徒は集まりまへんよね。
大きなスクールの名前があれば、それだけで生徒はんが集まってくれまんねん。

教室を開くまでには、最低2、3年の勉強が必要になるんや。
その間もちろん月謝代はかかるんやし、その他、試験代、お免状代も必要になるんや。
お免状代は平均して5万円程度にもなるんや。
ほんでいざ教室を開こうとした場合、自宅で簡単にちう場合は別やけどアンタ、最低100万〜200万の資金が必要になってきまんねん。

ちーとばかしお金がかかるんやよね・・・。
出費を最小限におさえた方法は、スクールでフラワーデザインを学びながら、国家資格をとって教室を開く方法や。
国家資格の名を使って生徒はんを集めるのやけどアンタ、オノレの交友関係の広さ、努力が必要になるんやね。

どの程度のレベルまでオノレが勉強したいのか、お客はんはどれくらい必要なのか、それによって、選ぶスクールが違ってきまんねん。
フラワーデザインのスクールを選ぶ時は、じっくり考えてから選ぶようにしまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーアレンジメントの資格

お花に関する職業は、女性に人気のある職業のうちの1つやね。
中でもフラワーアレンジの先生は、憧れの職業に思う人は多いのではおまへんでっしゃろか。

フラワーアレンジの先生になるには、基本的には取得しておかなくてはいけへんちう資格はおまへん。
やけどアンタ、教室を開く場合や、転職する時に有利に働く資格はいくつかあるんや。
フラワーデザインのスクールで取得することができる、スクール内独自の資格もあるんやが、スクール外でも広く通用する法人の資格をチェックしておきまひょ。

日本でようけ知られとる法人の資格は、NFDと呼ばれる日本フラワーデザイナー協会による認定試験や。
お花の業界では、この資格を知りまへん人はおらへんので、取得しておくと何ぞと有利かもしれまへんね。
2、3級は専門学校に通っとると、その過程で取得することができるので、取得しておいて効果的だといえるのは1級や。
NFDを取得できる学校は全国に500校近くもあるのでチェックしてみまひょ。

もう1つ、大きな法人資格にFDAと呼ばれるフラワーデコレーター協会による認定試験があるんや。
取得までにかかる時間と費用は、NFDの半分でお手頃感があるんやが、ウチの資格はNFDより知名度が低いものや。
手軽に肩書きだけ欲しい、ちう人には、FDAの方がええかもしれまへんが、より効果的な資格が欲しい、と思っとるなら、NFDを取得する方がおすすめや。

どちらの資格も、それなりの時間と労力、費用がかかるものや。オノレが求めとるものは何なのかをしっかり考えた上で、資格取得に取り組みまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お花に関する職業

お花が好きな女性なら、お花に関わっていられる仕事ができると嬉しいやね。
お花に関連する職業には、色々なものがあるんや。
一番最初に思い浮かぶのは、やっぱり花屋はんやね。

そないな花屋はんの中でも特殊なものに、葬祭専門の花屋はんがあるんや。
お葬式には花は欠かせへん存在やね。
スタンド花や大きなアレンジメントやらなんやらが、よく飾られていまんねんわ。
フラワーアレンジの仕事をしたい、ちう人にとっても、ええ仕事場かもしれまへん。
ただ、お葬式に使う花は限られていまんねんわよね。ほんで、アレンジの仕方もいつも似たような形になってしまいまんねんわ。
色んなことに挑戦しとったい、と考えとる人にとっては、向かない仕事かもしれまへん。

葬儀場とは逆のお仕事、結婚式場に飾る花を扱う婚礼専門店もあるんや。
ウチは華やかで、憧れとる人も多いのではおまへんでっしゃろか。
やけどアンタ、やはり人気の仕事だけあって、入社してもちーとの間はお花に触らせてもらえへん場合もあるようや。
華やかなテーブル花のアレンジやブーケ作りの他にも、式場への運搬作業や、セッティング作業やらなんやら、エライ仕事がたくはんあるのや。
お花の経験がなあんもない状態で入社すると、このような下積み作業の期間が長くなることが予想されるので、ある程度の経験をしてスキルを身につけてから就職することをおすすめしまんねん。
フラワーデザインの学校もええやけどアンタ、やはり実務経験も必要や。
お花屋はんで最低でも1年間、修行のつもりで仕事してみまひょ。
しっかりした経験があれば、オノレの自信にもつながるんやし、目標である結婚式場でのお仕事にも、スムーズに取り組むことができるでっしゃろ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。