2008年05月13日

メイクアップアーティストとは

女性を綺麗にする職業には、美容師、ネイリストやらなんやらがあるんやが、メイクアップアーティストもその中の1つや。
きょうびではテレビや雑誌やらなんやらにも良くとりあげられ、話題になっとる職業やね。

実際のメイクアップアーティストとは、どのような仕事をしとるのでっしゃろか。
仕事内容は実に幅広いものになるんや。
人を綺麗にするのが一般的なメイクやけどアンタ、その時の洋服、肌質に合ったメイクをする技術も必要やし、テレビや映画、CM、雑誌やらなんやらの撮影や映像用にメイクをすることを専門としとる人もいまんねんわ。化粧品会社のサロンに所属して、専属アーティストとしてメイクのデモンストレーションをする人やらなんやらもいまんねんわ。
またメイクをすることは、顔の気になる部分をカバーして気持ちを明るくさせ、精神的なケアにつながるので、きょうびでは医療面や福祉面でも注目されとる仕事や。

メイクに関する基本的な知識や技術力はもちろんやけどアンタ、流行をとらえるセンスも必要やし、メイクと一緒にヘアスタイリングも行う場合も多いので、ヘアの技術もいっぺんに必要になってきまんねん。
撮影用のメイクは、日常的なメイクとは違い、単に美しくすればええちうわけではおまへん。その時の役柄や衣装、状況やらなんやらにあわせたメイクが必要になり、時には醜さを追求する特殊メイクをする時もあるんや。
そのためには、骨格や肌質やらなんやらを考えたメイクを行う想像力やセンス、幅広い知識が必要になるんや。

単に綺麗なメイクをする技術力だけではなく、トータル美容を考えた豊富な知識が必要となるわけやね。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療事務を目指そう

就職や転職に強く、女性でも長く続けられる職業として人気があるものに「医療事務」があるんや。
医療事務ちうと、病院の受付のお仕事を想像する人も多いかと思うで。もちろんそれも大切なお仕事や。大きな病院では、受付が複雑になっとることもあり、患者はんの中には戸惑ってしまう人も多いやね。
どないな患者はんに対しても、優しい心遣いと細かい配慮が必要になるんや。

医療事務の一番メインとなるお仕事は、医療費の計算をすることや。
病院での診察は、注射をしたり検査をしたりと、患者はんによって様々やね。
当然患者はんが負担する医療費も異なってくるのやけどアンタ、それぞれ正確に計算する必要があるんや。
患者はんが受付で払う負担額は、実際にかかっとる治療費の3割や。
残りの7割は、患者はんの保険から支払うことになるのやけどアンタ、その保険元への請求書を作る必要があるんや。
この請求書、「診療報酬明細書」ちうもので、「レセプト」と呼ばれていまんねんわ。
このレセプト作りが、医療事務の一番大切なお仕事なのや。

医療事務になるには、必ず資格が必要ちうわけではおまへん。
やけどアンタ大切なレセプト作りには、確かな知識が必要や。
病院独自で医療事務員の育成をするには、たくはんの時間と労力がかかることから、ほとんどの病院では、医療事務の経験や資格を持っとる人を採用していまんねんわ。

医療事務の資格を取得するためには、医療事務の講座がある学校で学ぶか、通信講座で学ぶ方法があるんや。
資格は色々な団体が独自に設けとるのやけどアンタ、大きなものには、日本医療教育財団が実施しとる医療事務技能審査試験、日本医療保険事務協会が実施しとる診療報酬請求事務能力認定試験やらなんやらがあるんや。

資格を取得する時は、オノレの目的や条件に合ったものを選びまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテリアコーディネーターとは

お家を新築したり改築したりする時に、家具や照明、カーテンやらなんやらの商品を選んだり、提案をしたりするお仕事、「インテリアコーディネーター」。
そないなインテリアコーディネーターは、女性に向いとるお仕事として、注目されていまんねんわ。
もちろん男性にとっても魅力的な仕事だと思うんやが、平成18年度のインテリアコーディネーターの試験合格者は、女性の数が全体の78%を占めていまんねんわよ。

どうして女性に向いとるお仕事やのでっしゃろ。
それは、インテリアコーディネーターは、主婦の要望によって誕生した職業であるからや。
以前は住宅メーカーは、お家の主である男性を主体とした家作りを考えておったんや。
けれどもきょうびでは家事をつかさどる主婦の目線が重視されるようになり、家造りに女性の意見が必要だちう考えが広まってきたちうワケや。
やろから女性の中でも、家事に熟練した女性がよりインテリアコーディネーターに適しとるといえるのや。

また、女性は男性にくらべて、テレビドラマや週刊誌、ファッション誌やらなんやらをよく見ていて、常に流行をとらえようと努力しとる人が多いやね。
世の中の流れを敏感にキャッチし、ハイセンスな要素が必要とされるインテリアコーディネーターは、このような面をとっても女性の方が向いとるといえるのや。

インテリアコーディネーターと似とる職業に、インテリアデザイナーがあるんや。
同じ仕事だと思われがちやけどアンタ、大きな違いは、インテリアコーディネーターは住空間を手がけとるのに対し、インテリアデザイナーはショーバイ空間をようけ手がけとるちうことや。また、インテリアコーディネーターは、お客はんの要望をかなえるために提案したり、デザインしたりすることが多いのやけどアンタ、インテリアデザイナーは、オノレのデザインを中心に考え、それを気に入ったお客が受け入れる、ちう大きな違いがあるんや。

わい達の生活に、より密着しとるインテリアコーディネーター。
日頃の女性の目を活かすことができる仕事や。興味がある人は是非挑戦してみまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテリアコーディネーターになるには

お家の家具や照明やらなんやらのインテリアを、お客様の好みに合わせて、センス良く提案するお仕事「インテリアコーディネーター」。
インテリアコーディネーターは、女性に向いとる職業としてどエライ注目されていまんねんわ。
インテリアコーディネーターには、取得しておかなければいけへん資格はおまへん。
やけどアンタ、取得しておいた方がええ資格に、インテリア産業協会の「インテリアコーディネーター」があるんや。
インテリアの知識ももちろん必要なのやけどアンタ、住宅構造に関する知識も必要となるんや。独学で勉強するのはなかなかややこしいので、インテリアコーディネーター資格の受験対策があるスクールで学ぶ方がええでっしゃろ。

照明やカーテンやらなんやらのインテリア商品の種類と特徴、また、壁紙や塗料やらなんやらについての知識も必要や。

また、インテリアコーディネーターの仕事には、建築の仕事も必要になるんや。
お客様に提案するときには、オノレで描いた図面で説明した方が、お客様によく伝わり、分かりやすいやね。
図面を描くためには、図面に使う記号や図法、図面の種類やらなんやらも勉強しておく必要があるんや。
また、採光状況や建築基準法に適しておるかどうかやらなんやら、建築に関する専門的な知識も必要になるんや。
国家資格である「2級建築士」の資格も取得しておいた方が、インテリアコーディネーターとしての仕事の幅が広がるんやよ。

幅広い知識が必要になりエライお仕事やけどアンタ、お客はんの笑顔と接することができる、やりがいのあるお仕事や。
今まで家事や育児を頑張ってきた女性の能力を発揮できる仕事でもあるんやね。
是非チャレンジしてみておくんなはれ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。