2008年05月13日

エステティシャンになるためには

数ある女性の職業の中でも、女性の感性を生かした女性特有のお仕事の1つに、「エステティシャン」があるんやよね。

エステティシャンになるためには、国家試験やらなんやら、特別な試験は必要おまへん。
やけどアンタ、エステは人の体に直接触れるお仕事やので、きちんとした勉強をしておく必要があるんや。美容に関する事柄はもちろんやけどアンタ、人の体に対する生理学的な知識、また精神的な面や心理学やらなんやら、様々な方面での知識が必要になるんや。

エステについて勉強することができる専門学校や、エステのコースがある養成学校で学んだり、エステティック専門店に勤めてからそのサロン独自の研修を受けたりして、しっかりした知識と技術を身につけまひょ。

エステティック専門店での研修を受ける場合は、そのまんまそのエステサロンで働くことになりまっけど、エステティシャンの仕事先は、サロンだけではおまへん。
スポーツ施設やホテル、理容室や美容室やらなんやらがあるんや。

また、現場で実績を積んだ後に、民間資格である「認定エステティシャン」を取得し、さらに国際資格である「CIDESCOインターナショナルエステティシャン」を取得すれば、日本だけでなく、海外でも活躍することができまんねん。

「認定エステティシャン」とは、日本エステティック協会が認定する学校か、もしくは協会が主催しとる通信教育を修了して協会の正会員に入会した後に、試験を受けて合格すると取得できる資格や。合格率は80%やので、比較的合格しやすい資格だといえまんねんね。
「CIDESCOインターナショナルエステティシャン」は、国際的なエステティックの団体CIDESCOが認定しとるエステティックの資格で、認定エステティシャンの資格を取得した後、実務経験を3年以上積むと試験を受けることができまんねん。
CIDESCO認定資格者だけを採用しとるサロンやホテルもあり、また、資格手当てによって収入や将来性が違ってくるので、公的なエステの資格が確立されておらへん現在では、是非取得しておきたい資格や。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エステティシャンのお仕事

女性の職業の中でも、人気のあるエステティシャン。
エステティシャンのお仕事は、カウンセリング、フェイシャル、ボディケア、脱毛の4つに分けられまんねん。
サロンによって、これらをみな行うトコと、それぞれ1つだけを行うトコやらなんやら、その内容は様々や。

カウンセリングでは、お客様の肌の状態や、お家ではどないなお手入れをしておるかを聞き、お肌のためにはどのようなエステティックを行うかを決めまんねん。
お肌にとって、精神的にリラックスしとることは何より大切な事やので、お客様が安心して任せてくれるよう、熱心に話を聞き、ゆったりとした時間が作れるようにカウンセリングすることが大切や。

フェイシャルは、肌トラブルを解消し、お肌の調子を整える美肌のためのスキンケアと、小顔にすることを目的とした痩身系のスキンケアの2つに分けられまんねん。
美肌のためのスキンケアでは、フェイシャルトリートメントを行いまんねんわ。
お肌の汚れを丁寧に取り除いてマッサージを行い、お肌の血行を良くしまんねん。
この時、力の入れ具合や手際の良さやらなんやらの技術力がエステティシャンとしての腕の見せ所や。
痩身系のエステでも、お肌が荒れとる人や敏感肌の人は、肌トラブルの原因になってしまうので、事前にお肌の状態をしっかりチェックしておくことが大切や。

ボディケアでは、全身のお肌のマッサージやパックを行いまんねんわ。
美肌効果も目的としておるけどダンはん、痩身が主な目的や。
マッサージで発汗作用を良くし、体の老廃物を出してやるんや。
また、マッサージをすることで体の懲りをほぐす目的もあるんや。
筋肉の付き方やリンパの流れに関する知識も必要になるんやね。
リンパ系の知識やらなんやらも持っとると、より効果的に施術することができまんねん。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイルアーティストになるには

日本で人気のある女性の職業の1つに、「ネイルアーティスト」があるんやね。
ネイルアーティストとはネイリストとも呼ばれ、爪の形を整えたり、アクセサリーやイラストレーションと呼ばれるもので爪をデザインしたりする仕事や。
きょうびでは女性のネイルへの関心が高まっていて、お家で簡単にできるマニキュアやらなんやらのネイル関連の製品も人気があるんやよね。オノレの爪をより美しく、より個性的に、とネイルサロンに通う女性の数もどエライ増えてきたんや。

ネイルアーティストになるためには、とくに取得しておかなくてはいけへん資格はおまへん。
やけどアンタ、小さな爪をデザインする細かい作業やろから、技術力やデザイン力が要求されまんねん。ネイルの専門学校や、理容・美容師の養成施設で勉強したり、個人的にベテランのアーティストの指導をうけて勉強したりしまんねん。
また、実力を図る目安に、民間のネイリスト技能検定試験があるんやよ。
ネイルファッションの国際的な大会もあるので、そういったものに参加して実績をもつと、将来的な仕事の幅が広がるんや。

ネイリストの職場は、ネイルサロンが一般的やけどアンタ、「お客様を綺麗にする」といった同じ目的のもとに、美容室やエステサロンの中にネイルサロンを持っとるトコもあるんや。
また、きょうびでは、ネイルアートコーナーが百貨店の中に設けられとったり、特にお店を持たんとお客様のお家に出向いてネイルアートを行う出張サービスをしとるネイルアーティストもいたりと、様々な形で活躍の場が広がっていまんねんわ。

お洒落な女性が増えてきた今、ネイルも洋服のように気を使って当然、ちう考え方が定着してきたんや。
ネイルアーティストの将来性は高いといえまんねんね。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェブデザイナーとは

きょうび密かに女性に人気がある職業に、「ウェブデザイナー」があるんや。
ウェブデザイナーとは、簡単にいうとウェブサイトを製作する人のことを意味しまんねん。

ウェブデザイナーちう言葉が聞かれるようになりよったのはきょうびで、なるために必要な特定の資格ちうものはおまへん。ある程度のデザインセンスと知識があれば、年齢性別問わんとどなたはんでもなることができまんねん。また、起業しやすいといった点も、人気がある理由の1つや。
用意するものは、パソコン1つと技術力。始める時のリスクが小さいといった利点があるんや。

ウェブデザイナーを目指すには、ウェブデザイナーを育成する専門の学校や通信講座で勉強する方法が一般的やけどアンタ、独学で勉強してウェブデザイナーとして活躍する人もいまんねんわ。やけどアンタやはり、分かりまへんことをすぐに質問でき、ええ刺激を受けられる学校で勉強する方が近道であると言えるでっしゃろ。

ウェブデザイナーのお給料は、なんぼくらいやのでっしゃろ。
住んでいる場所や、その人の経験で異なりまっけど、最初は14万〜17万円程度や。
やけどアンタ、経験を積むと、50万円を超える金額を稼ぎ出しとる人もいまんねんわ。
アルバイトもあるんやが、ウチは時給1000円程度。普通のアルバイトよりは高めやね。
ウェブデザイナーだけではなく、ウェブディレクター、ウェブプロデューサーになると、収入はもっと高額になるんや。

ウェブの世界は、どんどん進化していきまんねん。現状にとどまらず、常に技術を学ぶ姿勢と、毎日の努力が必要になる職業や。
コツコツと物を作り上げていく、追求していくことを楽しいと感じることができる、職人気質の人に向いとる職業であるといえまんねんね。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メイクアップアーティストとは

女性を綺麗にする職業には、美容師、ネイリストやらなんやらがあるんやが、メイクアップアーティストもその中の1つや。
きょうびではテレビや雑誌やらなんやらにも良くとりあげられ、話題になっとる職業やね。

実際のメイクアップアーティストとは、どのような仕事をしとるのでっしゃろか。
仕事内容は実に幅広いものになるんや。
人を綺麗にするのが一般的なメイクやけどアンタ、その時の洋服、肌質に合ったメイクをする技術も必要やし、テレビや映画、CM、雑誌やらなんやらの撮影や映像用にメイクをすることを専門としとる人もいまんねんわ。化粧品会社のサロンに所属して、専属アーティストとしてメイクのデモンストレーションをする人やらなんやらもいまんねんわ。
またメイクをすることは、顔の気になる部分をカバーして気持ちを明るくさせ、精神的なケアにつながるので、きょうびでは医療面や福祉面でも注目されとる仕事や。

メイクに関する基本的な知識や技術力はもちろんやけどアンタ、流行をとらえるセンスも必要やし、メイクと一緒にヘアスタイリングも行う場合も多いので、ヘアの技術もいっぺんに必要になってきまんねん。
撮影用のメイクは、日常的なメイクとは違い、単に美しくすればええちうわけではおまへん。その時の役柄や衣装、状況やらなんやらにあわせたメイクが必要になり、時には醜さを追求する特殊メイクをする時もあるんや。
そのためには、骨格や肌質やらなんやらを考えたメイクを行う想像力やセンス、幅広い知識が必要になるんや。

単に綺麗なメイクをする技術力だけではなく、トータル美容を考えた豊富な知識が必要となるわけやね。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療事務を目指そう

就職や転職に強く、女性でも長く続けられる職業として人気があるものに「医療事務」があるんや。
医療事務ちうと、病院の受付のお仕事を想像する人も多いかと思うで。もちろんそれも大切なお仕事や。大きな病院では、受付が複雑になっとることもあり、患者はんの中には戸惑ってしまう人も多いやね。
どないな患者はんに対しても、優しい心遣いと細かい配慮が必要になるんや。

医療事務の一番メインとなるお仕事は、医療費の計算をすることや。
病院での診察は、注射をしたり検査をしたりと、患者はんによって様々やね。
当然患者はんが負担する医療費も異なってくるのやけどアンタ、それぞれ正確に計算する必要があるんや。
患者はんが受付で払う負担額は、実際にかかっとる治療費の3割や。
残りの7割は、患者はんの保険から支払うことになるのやけどアンタ、その保険元への請求書を作る必要があるんや。
この請求書、「診療報酬明細書」ちうもので、「レセプト」と呼ばれていまんねんわ。
このレセプト作りが、医療事務の一番大切なお仕事なのや。

医療事務になるには、必ず資格が必要ちうわけではおまへん。
やけどアンタ大切なレセプト作りには、確かな知識が必要や。
病院独自で医療事務員の育成をするには、たくはんの時間と労力がかかることから、ほとんどの病院では、医療事務の経験や資格を持っとる人を採用していまんねんわ。

医療事務の資格を取得するためには、医療事務の講座がある学校で学ぶか、通信講座で学ぶ方法があるんや。
資格は色々な団体が独自に設けとるのやけどアンタ、大きなものには、日本医療教育財団が実施しとる医療事務技能審査試験、日本医療保険事務協会が実施しとる診療報酬請求事務能力認定試験やらなんやらがあるんや。

資格を取得する時は、オノレの目的や条件に合ったものを選びまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテリアコーディネーターとは

お家を新築したり改築したりする時に、家具や照明、カーテンやらなんやらの商品を選んだり、提案をしたりするお仕事、「インテリアコーディネーター」。
そないなインテリアコーディネーターは、女性に向いとるお仕事として、注目されていまんねんわ。
もちろん男性にとっても魅力的な仕事だと思うんやが、平成18年度のインテリアコーディネーターの試験合格者は、女性の数が全体の78%を占めていまんねんわよ。

どうして女性に向いとるお仕事やのでっしゃろ。
それは、インテリアコーディネーターは、主婦の要望によって誕生した職業であるからや。
以前は住宅メーカーは、お家の主である男性を主体とした家作りを考えておったんや。
けれどもきょうびでは家事をつかさどる主婦の目線が重視されるようになり、家造りに女性の意見が必要だちう考えが広まってきたちうワケや。
やろから女性の中でも、家事に熟練した女性がよりインテリアコーディネーターに適しとるといえるのや。

また、女性は男性にくらべて、テレビドラマや週刊誌、ファッション誌やらなんやらをよく見ていて、常に流行をとらえようと努力しとる人が多いやね。
世の中の流れを敏感にキャッチし、ハイセンスな要素が必要とされるインテリアコーディネーターは、このような面をとっても女性の方が向いとるといえるのや。

インテリアコーディネーターと似とる職業に、インテリアデザイナーがあるんや。
同じ仕事だと思われがちやけどアンタ、大きな違いは、インテリアコーディネーターは住空間を手がけとるのに対し、インテリアデザイナーはショーバイ空間をようけ手がけとるちうことや。また、インテリアコーディネーターは、お客はんの要望をかなえるために提案したり、デザインしたりすることが多いのやけどアンタ、インテリアデザイナーは、オノレのデザインを中心に考え、それを気に入ったお客が受け入れる、ちう大きな違いがあるんや。

わい達の生活に、より密着しとるインテリアコーディネーター。
日頃の女性の目を活かすことができる仕事や。興味がある人は是非挑戦してみまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテリアコーディネーターになるには

お家の家具や照明やらなんやらのインテリアを、お客様の好みに合わせて、センス良く提案するお仕事「インテリアコーディネーター」。
インテリアコーディネーターは、女性に向いとる職業としてどエライ注目されていまんねんわ。
インテリアコーディネーターには、取得しておかなければいけへん資格はおまへん。
やけどアンタ、取得しておいた方がええ資格に、インテリア産業協会の「インテリアコーディネーター」があるんや。
インテリアの知識ももちろん必要なのやけどアンタ、住宅構造に関する知識も必要となるんや。独学で勉強するのはなかなかややこしいので、インテリアコーディネーター資格の受験対策があるスクールで学ぶ方がええでっしゃろ。

照明やカーテンやらなんやらのインテリア商品の種類と特徴、また、壁紙や塗料やらなんやらについての知識も必要や。

また、インテリアコーディネーターの仕事には、建築の仕事も必要になるんや。
お客様に提案するときには、オノレで描いた図面で説明した方が、お客様によく伝わり、分かりやすいやね。
図面を描くためには、図面に使う記号や図法、図面の種類やらなんやらも勉強しておく必要があるんや。
また、採光状況や建築基準法に適しておるかどうかやらなんやら、建築に関する専門的な知識も必要になるんや。
国家資格である「2級建築士」の資格も取得しておいた方が、インテリアコーディネーターとしての仕事の幅が広がるんやよ。

幅広い知識が必要になりエライお仕事やけどアンタ、お客はんの笑顔と接することができる、やりがいのあるお仕事や。
今まで家事や育児を頑張ってきた女性の能力を発揮できる仕事でもあるんやね。
是非チャレンジしてみておくんなはれ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フローリストとは

女性が憧れる職業の1つに、「フローリスト」があるんや。
フローリストとは、簡単にいうとお花屋はんのことや。
いつもお花に囲まれて綺麗なお仕事、ちう印象もあるかと思うんやが、実際にはそれだけではおまへん。仕事内容は多種多様で、お花の仕入れから管理、花束やフラワーアレンジメントやらなんやらのギフト作りやらなんやら、色々な技術や知識が必要になるんや。

仕入れ作業は、朝早くに行いまんねんわ。
自ら市場へ足を運んで、競りをして花を仕入れてくる所もあれば、パソコンで受注作業を行い、市場へは花を取りに行くだけちう所もあるんや。
また、お店によっては仕入れ作業は他の業者に代行してもらう所もあり、花屋はんによって様々や。

仕入れたお花は、そのまんまでは売ることができまへん。
形を整え、水揚げをし、綺麗な状態で店頭に出しまんねん。
お店が開いとる間は、販売の仕事もあるんやし、その間に配達作業もあり、アレンジメントやブーケやらなんやらのギフト用品の製作もあるんや。

決して綺麗な仕事だけではなく、お花がホンマに好きで、やる気と体力がないと続けられへん仕事や。
花屋はんには短期アルバイトが少ないのも、こうした理由からなのや。

お花屋はんになるには、取得せへんけへん資格はおまへん。
販売の経験や、運転免許証はあった方が何ぞと有利かと思うんやが・・・。

フラワーアレンジメントの資格は?と思う人も多いかと思うんやが、お花屋はんに就職する時にはそれほど重要視されまへん。
お花屋はんで仕事をしたいけど、アレンジメントの資格をとってから・・・と考えとる人は、まずはお気に入りの花屋はんを見つけて、就職活動をすることをお勧めしまんねん。
フラワーアレンジの資格が活きるお仕事は、花屋はんの中でも10%程度や。
花屋はんにとって必要なのは、まずはやる気と根気、なのや。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーアレンジメントの先生になるには

お花に関わる仕事は、女性にとっては魅力的なお仕事やね。
中でも、フラワーアレンジメントの先生って、憧れの存在に思う人も多いのではおまへんでっしゃろか。
フラワーアレンジメントを習っていて、趣味にしとる人は多いやけどアンタ、それを職業とする先生になるにはどうしたらええのでっしゃろ。

最も一般的な方法は、フラワーデザインのスクールに通い、「お免状」をもろて先生として活動する方法や。
この「お免状」は、スクールによって違いがあり、免状を掲げて自宅でひっそりとフラワースクールを開催してもええ、ちうものや、スクール内でのみ先生やアシスタントとして仕事できるものやらなんやら、様々や。

実際には、免状がなくても教室は開くことができまんねん。
やけどアンタ、ほなら生徒は集まりまへんよね。
大きなスクールの名前があれば、それだけで生徒はんが集まってくれまんねん。

教室を開くまでには、最低2、3年の勉強が必要になるんや。
その間もちろん月謝代はかかるんやし、その他、試験代、お免状代も必要になるんや。
お免状代は平均して5万円程度にもなるんや。
ほんでいざ教室を開こうとした場合、自宅で簡単にちう場合は別やけどアンタ、最低100万〜200万の資金が必要になってきまんねん。

ちーとばかしお金がかかるんやよね・・・。
出費を最小限におさえた方法は、スクールでフラワーデザインを学びながら、国家資格をとって教室を開く方法や。
国家資格の名を使って生徒はんを集めるのやけどアンタ、オノレの交友関係の広さ、努力が必要になるんやね。

どの程度のレベルまでオノレが勉強したいのか、お客はんはどれくらい必要なのか、それによって、選ぶスクールが違ってきまんねん。
フラワーデザインのスクールを選ぶ時は、じっくり考えてから選ぶようにしまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーアレンジメントの資格

お花に関する職業は、女性に人気のある職業のうちの1つやね。
中でもフラワーアレンジの先生は、憧れの職業に思う人は多いのではおまへんでっしゃろか。

フラワーアレンジの先生になるには、基本的には取得しておかなくてはいけへんちう資格はおまへん。
やけどアンタ、教室を開く場合や、転職する時に有利に働く資格はいくつかあるんや。
フラワーデザインのスクールで取得することができる、スクール内独自の資格もあるんやが、スクール外でも広く通用する法人の資格をチェックしておきまひょ。

日本でようけ知られとる法人の資格は、NFDと呼ばれる日本フラワーデザイナー協会による認定試験や。
お花の業界では、この資格を知りまへん人はおらへんので、取得しておくと何ぞと有利かもしれまへんね。
2、3級は専門学校に通っとると、その過程で取得することができるので、取得しておいて効果的だといえるのは1級や。
NFDを取得できる学校は全国に500校近くもあるのでチェックしてみまひょ。

もう1つ、大きな法人資格にFDAと呼ばれるフラワーデコレーター協会による認定試験があるんや。
取得までにかかる時間と費用は、NFDの半分でお手頃感があるんやが、ウチの資格はNFDより知名度が低いものや。
手軽に肩書きだけ欲しい、ちう人には、FDAの方がええかもしれまへんが、より効果的な資格が欲しい、と思っとるなら、NFDを取得する方がおすすめや。

どちらの資格も、それなりの時間と労力、費用がかかるものや。オノレが求めとるものは何なのかをしっかり考えた上で、資格取得に取り組みまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お花に関する職業

お花が好きな女性なら、お花に関わっていられる仕事ができると嬉しいやね。
お花に関連する職業には、色々なものがあるんや。
一番最初に思い浮かぶのは、やっぱり花屋はんやね。

そないな花屋はんの中でも特殊なものに、葬祭専門の花屋はんがあるんや。
お葬式には花は欠かせへん存在やね。
スタンド花や大きなアレンジメントやらなんやらが、よく飾られていまんねんわ。
フラワーアレンジの仕事をしたい、ちう人にとっても、ええ仕事場かもしれまへん。
ただ、お葬式に使う花は限られていまんねんわよね。ほんで、アレンジの仕方もいつも似たような形になってしまいまんねんわ。
色んなことに挑戦しとったい、と考えとる人にとっては、向かない仕事かもしれまへん。

葬儀場とは逆のお仕事、結婚式場に飾る花を扱う婚礼専門店もあるんや。
ウチは華やかで、憧れとる人も多いのではおまへんでっしゃろか。
やけどアンタ、やはり人気の仕事だけあって、入社してもちーとの間はお花に触らせてもらえへん場合もあるようや。
華やかなテーブル花のアレンジやブーケ作りの他にも、式場への運搬作業や、セッティング作業やらなんやら、エライ仕事がたくはんあるのや。
お花の経験がなあんもない状態で入社すると、このような下積み作業の期間が長くなることが予想されるので、ある程度の経験をしてスキルを身につけてから就職することをおすすめしまんねん。
フラワーデザインの学校もええやけどアンタ、やはり実務経験も必要や。
お花屋はんで最低でも1年間、修行のつもりで仕事してみまひょ。
しっかりした経験があれば、オノレの自信にもつながるんやし、目標である結婚式場でのお仕事にも、スムーズに取り組むことができるでっしゃろ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お花に関する資格

女性なら、どなたはんでもいっぺんは憧れたことがある「お花屋はん」。
お花に関する職業を目指しとる女性は多いのではおまへんでっしゃろか。

お花に関する資格には、色々なものがあるんや。
資格がなければ、お花の職業には就けへん、ちうわけではおまへんが、就職する時には有利にはたらくこともあるんや。
民間の団体が独自に設定しとる資格もあるんやが、やはり、一番目安になる資格は国が認めとる国家資格やね。
お花に関する国家資格には、以下のようなものがあるんや。

・フラワー装飾技能士
パーティ会場や結婚式場、ブーケや花束の作成に関する資格や。

・園芸装飾技能士
ガーデニングが好きで、園芸に関する仕事に就きたいと思っとる人なら、挑戦してみてもええかもしれまへん。
土の配合から、苗の植え替え作業、木の剪定や寄せ植え作りやらなんやら実務の試験があるんや。
・造園技能士
ウチは造園に関する資格や。
ガーデニングが好きで、お庭のデザインにも興味がある人におすすめや。
土のことから、ブロックやらなんやらを使った施工作業、樹木の種類や植え方までの実務試験があるんや。

3つの資格とも、かかる費用は、実技15700円と学科が3100円程度や。
都道府県によっても違おるさかいに、チェックしてみまひょ。

また、どの資格も3級〜1級まであるんや。
行われる時期は、それぞれ違い、また級によってもちゃうので注意しておくんなはれね。
申請は試験日の2ヶ月ほど前から始まるので、考えとる人は早めにチェックしまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

派遣社員とは

女性が活躍する職業には色々なものがあるんやが、結婚して家事や育児に忙しく、仕事をしたいけどなかなかええ仕事が見つかりまへん・・・ちう主婦の人は多いのではおまへんでっしゃろか。
主婦業をしながらの、正社員としての仕事は確かにエライや。家事や育児の合間にちーとばかしだけ働きたいんやけど、主婦がよく働いとるスーパーやらなんやらのパートでは、時給は高くても900円前後や。やけどアンタ、そういったパートも、仕事内容は決して楽な仕事ではおまへんよね。働くからには、もうちびっとお給料が欲しい、また、オノレのスキルを活かした仕事をしたい、ちう人は、派遣社員として働くことをおすすめしまんねん。

派遣社員とは、派遣会社に登録しておいて、紹介された仕事に就き、派遣会社からお給料をもらうちうものや。
きょうびでは、主婦に向いとる仕事の形態として、人気を集めていまんねんわ。
何故主婦に向いとるのでっしゃろ?
それには色々な理由があるんやよ。

まず、主婦だけに限られたことではおまへんやけどアンタ、時給が高めちう利点があるんや。
派遣の仕事は、主にオフィスでの仕事やけどアンタ、ほとんどの時給は1000円以上や。
中には、2000円程度になる仕事もあるんやよ。

大きな会社で仕事ができるちう点も、人気の1つや。
結婚や出産を機に退職してしまうと、その後、なかなか大手企業での就職はややこしいやね。
きょうびでは、大手企業での派遣社員の数が増加傾向にあるんや。
大手企業でのお仕事は、たくはんの人とも知り合いになることができ、働きやすいええ環境である場合が多いや。
仕事を通じて、オノレの世界が広がりやすいちう点も、人気の一つなのやね。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

派遣社員のメリット・デメリット

正社員でもなく普通のパートともちびっとちゃう「派遣社員」は、若い女性、中でも主婦に人気のある職業や。
派遣社員のメリットは、普通のパートよりも時給がええ、ちう点や、大きな会社で仕事をする機会もあり世界が広がる、といった点があるんや。
また、オノレの好きな時間に、好きな場所で仕事ができるといったメリットもあるんや。
これは忙しい主婦にとっては、どエライ大きなメリットやね。
気になる残業やけどアンタ、あらかじめ、残業のない仕事を選択しておけば、無理に残業させられるといったことはおまへん。

ええトコばかりに聞こえるけど、派遣社員にデメリットはないのかな?と思う人もいまんねんわよね。派遣社員のデメリットといえば、当然やけどアンタ、正社員と違いボーナスがない点や。
派遣社員として長く働き、会社に大きな業績を残すことができたとしても、ボーナスは支払われまへん。

金銭的なデメリットをあげれば、交通費の問題もあるんや。
派遣社員の場合、選択した仕事によりまっけど、交通費が支払われへん場合があるんや。
また、支払われたとしても限度額が決まっていて、全額支給はややこしい場合もあるんや。
仕事を選択するときは、時給だけに目がいきがちやけどアンタ、交通費の面も考えた上で選択するようにしまひょ。

年齢の壁がある、といった点も、派遣社員としてのデメリットといえまんねん。
派遣社員のお仕事で一番多いのが一般事務なのやけどアンタ、事務には専門知識はそれほど必要とせんので、会社側も、年齢が高く経験豊富な人を選ばなくてもええといったことがあるんや。
35才を過ぎると、派遣社員としての仕事量が減るといった現状も覚えておきまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

派遣社員の登録会

きょうび、若い女性や主婦の間で人気のある仕事スタイル、「派遣社員」。
派遣社員は普通の職業とは違い、オノレの好きな時間に好きな仕事ができるといった点が人気の1つや。

派遣社員として仕事するためには、まずは派遣会社に登録することが必要や。
登録するためには、登録会に参加しまひょ。
求人誌や新聞やらなんやらに、様々な派遣会社の登録会の案内が記載されていまんねんわ。
それらをチェックして、希望の会社の登録会に電話やメールで予約をしまひょ。
人気のある会社の登録会では、希望日に予約がでけへんこともあるので、登録を決めたら早めに予約することをおすすめしまんねん。

予約できたら、いよいよ登録会や。
当日は、派遣システムの説明や、スキルチェック、どのような仕事をしたいかやらなんやらのカウンセリングを行いまんねんわ。
登録シートへの記入も必要となるので、オノレの履歴や職務経験やらなんやらを見直しておきまひょ。
登録シートの記入は、会社によっては登録会の前にインターネットで送信しておくことも可能や。事前にチェックしてみておくんなはれね。

気になるのがスキルチェックやね。
スキルチェックは、主にパソコン操作のスキルになるんや。
文字入力やエクセル、簿記やらなんやらのスキルチェックを行おるけどダンはん、できなかったからといって仕事がなくなるわけではおまへん。
緊張してしまうかと思うんやが、なるべくリラックスして行いまひょ。

カウンセリングでは、希望の職種や、残業の有無やらなんやら、オノレの希望を伝えておきまんねん。
心配なことはどんどん質問しておきまひょ。
気になっとった仕事がある場合には、それも伝えておきまひょ。
その仕事には就けなくても、同じような仕事を紹介してくれまんねんよ。
伝え忘れることがないように、メモをとってカウンセリングに臨みまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院で働く「看護助手」

病院で患者はんのためにお仕事をしたいけれど、看護師としての資格はないし無理だよね・・・と思っとる人は、「看護助手」を目指してみてはどうでっしゃろ。

看護助手は、看護師のアシスタント業務を行う人や。細やかな心配りが必要な看護助手は、ようけの女性が活躍しとる職業や。

きょうびでは、ようけの病院で看護師不足が問題になっていまんねんわ。
医療行為や看護業務は行えまへんが、患者はんのお世話をし、看護師の手助けをする看護助手は、病院において大事な役目を担っていまんねんわ。

主な仕事内容は、患者はんの食事の介助や入浴の手助け、排泄の介助やらなんやら、身の回りのお世話や。また、患者はんを診察室や検査室へ案内をしたり、体重測定や検査の準備を行ったりする場合もあるんや。
小さな病院では、受付業務や院内の清掃やらなんやらを行うトコもあり、看護助手の仕事は病院によって様々や。

気になるお給料やけどアンタ、時給やと1000円前後、月給では17万〜20万が一般的や。
病院によっては夜勤業務も行っとるトコもあり、その場合は夜勤手当がプラスされまんねん。

看護助手は、資格がなくてもできまっけど、専門的な知識も必要とされるお仕事や。
事前に資格を取得しておいた方が、実際の仕事にスムーズに対応できるでっしゃろ。
資格には、各団体が実施しとる色々なものがあるんや。
そのスクールの講座を受講すれば修了証書がもらえるトコや、検定試験を受けて、合格すれば資格が取得できるトコやらなんやら、様々や。
資格を取得するにあたっては、年齢やらなんやらの制限は特になく、受講機関は1ヶ月〜4ヶ月程度や。
受講料は、各スクールで異なりまっけど、平均すると5万円程度や。

患者はんのために働く、どエライやりがいのある看護助手は、やる気があればどなたはんでもできるお仕事や。
興味がある人は、是非チャレンジしてみまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会福祉士になるには

ようけの女性が活躍する福祉関係の職業には色々なものがあるんや。
その中の1つに「社会福祉士」ちう職業があるんや。

社会福祉士は、ソーシャルワーカーとも呼ばれとる職業や。
身体的にはもちろん、精神的や経済的にもハンディキャップのある人が日常生活をスムーズに行えるように、相談にのったり指導をしたりしまんねん。

具体的な仕事内容は、お年寄りや障害のある人、親をなくした子供やらなんやらの相談役となり、定期的な家庭訪問、様々なサービスや給付金の紹介、医療機関や関連施設への紹介やらなんやらがあるんや。
職場としては、福祉事務所や保健所、老人福祉施設、児童相談所やらなんやらがあるんや。

社会福祉士になりたいけど、オノレにできるかいな、と不安に思う人もいまんねんわよね。
社会福祉士に向いとる人は、思いやりがあり相手をいたわる気持ちがある人、また、相手の話を根気良く聞くことができ、決して口外せんちう倫理感をもっとる人や。
以上のような人ならば、資格がなくても社会福祉士の仕事に就くことができまんねん。
やけどアンタやはり専門知識を必要とする仕事やので、国家資格があるとええでっしゃろ。
社会福祉の国家試験は、1年に1回あり、例年やと1月下旬になるんや。
すぐに受験できるわけではなく、福祉系の大学を卒業するか、実務経験を5年以上積んでいることが必要となるんや。

資格をとるのはエライそうに思う人もおるかもしれまへんが、やはり、資格があった方が、社会福祉士としての仕事の幅が広がるんやし、お給料も安定したものになるんや。
是非頑張って挑戦してみておくんなはれ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護福祉士になるには

高齢化社会が進む中で、福祉関係の仕事は大きな意味をもっていまんねんわ。
福祉の仕事には、細やかな心配りや思いやりが必要となるんや。
そういったことからも、女性に向いとるとされる福祉関係の職業では、ようけの女性が活躍していて、また、福祉関係の職業に就くことを目標としとる女性も増えていまんねんわ。

福祉関係の職業には色々なものがあるんやが、その中の1つに、「介護福祉士」があるんや。
介護福祉士は「ケアワーカー」とも呼ばれ、身体的や精神的に障害がある人の日常生活のサポートをする仕事や。主な職場は、老人ホームや身体障害者施設、知的障害児者施設、リハビリテーションセンター、在宅での介護サービスやらなんやらや。

主な仕事内容は、食事や入浴、排泄、着替えやらなんやらの介護業務と、調理や洗濯、掃除や買い物といった、家事を援助する仕事になるんや。
また、介護を必要とする人だけでなく、その家族やホームヘルパーはんやらなんやらの相談役となり、介護方法のアドバイスをする仕事も大切な仕事になるんや。

介護福祉士になるためには、国家資格を取得する必要があるんや。
国家資格を取得するためには、養成施設を卒業して試験を受けんと資格を取得する方法と、3年以上の実務経験を行った後に国家試験を受けて合格する方法があるんや。
受験資格者としての実務内容は細かく決められとるので、事前に確認しておきまひょ。
資格はいっぺんとってしまえば、再登録する必要はおまへん。
ちーとの間現場を離れていても、日本国内どこででも介護福祉士として復帰することができまんねん。
介護福祉士として5年以上活躍すると、要介護認定に関する仕事ができる「ケアマネージャー」の資格を取得することもできまんねんよ。
介護士としてのスペシャリストを目指すなら、是非ウチにも挑戦してみまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームヘルパーになるには

女性に人気のある職業に福祉関係の仕事があるんやが、介護福祉といえば、「ホームヘルパー」を思い浮かべる人が多いのではおまへんでっしゃろか。

国家資格を必要とする介護福祉士に対し、ホームヘルパーには国家資格はなく、行政機関から指定を受けた学校法人や民間企業やらなんやらが実施しとる養成研修を受けて、これらの過程を修了した人がホームヘルパーになることができまんねん。
養成研修の内容によって、1〜3級に分けられておるけどダンはん、2級と3級は、まるっきしの未経験者でも受けることができるので、いつでも、どなたはんでも、やる気があればホームヘルパーを目指すことができまんねん。

3級はホームヘルパーとしての入門コースや。
講義や実技、実習を合計して50時間程度勉強すれば取得することができまんねん。
せやけどダンさん、3級を取得しとるだけでは、仕事の幅は広がりまへんので、ホームヘルパーとして活躍することを目標に考えとるなら、2級以上に挑戦しまひょ。

養成研修を行っとるトコは、行政機関と民間機関との2つに分けられまんねん。
行政機関の方は、各自治体や、福祉公社やらなんやらの団体が行っていまんねんわ。
教科書代を除いては、タダで受けられる場合がほとんどや。やけどアンタ、受講の条件として、研修終了後に行政機関に登録して働くことやらなんやらがあるんや。

民間機関の方は、入学金や受講料が必要になるんや。
ウチは受講の条件はとくに定められてはおらず、通わなくても通信制コースやらなんやらもあるので、オノレの予定にあわせてオノレのペースで勉強することができまんねん。

研修内容としては、どちらも同じものや。
修了証書は発行した場所が違っても、ホームヘルパーとしての仕事には、何の違いもおまへん。
金銭面や、就業する時のことを考えて、オノレに合った方を選ぶようにしまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。