2008年05月13日

エステティシャンになるためには

数ある女性の職業の中でも、女性の感性を生かした女性特有のお仕事の1つに、「エステティシャン」があるんやよね。

エステティシャンになるためには、国家試験やらなんやら、特別な試験は必要おまへん。
やけどアンタ、エステは人の体に直接触れるお仕事やので、きちんとした勉強をしておく必要があるんや。美容に関する事柄はもちろんやけどアンタ、人の体に対する生理学的な知識、また精神的な面や心理学やらなんやら、様々な方面での知識が必要になるんや。

エステについて勉強することができる専門学校や、エステのコースがある養成学校で学んだり、エステティック専門店に勤めてからそのサロン独自の研修を受けたりして、しっかりした知識と技術を身につけまひょ。

エステティック専門店での研修を受ける場合は、そのまんまそのエステサロンで働くことになりまっけど、エステティシャンの仕事先は、サロンだけではおまへん。
スポーツ施設やホテル、理容室や美容室やらなんやらがあるんや。

また、現場で実績を積んだ後に、民間資格である「認定エステティシャン」を取得し、さらに国際資格である「CIDESCOインターナショナルエステティシャン」を取得すれば、日本だけでなく、海外でも活躍することができまんねん。

「認定エステティシャン」とは、日本エステティック協会が認定する学校か、もしくは協会が主催しとる通信教育を修了して協会の正会員に入会した後に、試験を受けて合格すると取得できる資格や。合格率は80%やので、比較的合格しやすい資格だといえまんねんね。
「CIDESCOインターナショナルエステティシャン」は、国際的なエステティックの団体CIDESCOが認定しとるエステティックの資格で、認定エステティシャンの資格を取得した後、実務経験を3年以上積むと試験を受けることができまんねん。
CIDESCO認定資格者だけを採用しとるサロンやホテルもあり、また、資格手当てによって収入や将来性が違ってくるので、公的なエステの資格が確立されておらへん現在では、是非取得しておきたい資格や。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96578153

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。