2008年05月13日

ネイルアーティストになるには

日本で人気のある女性の職業の1つに、「ネイルアーティスト」があるんやね。
ネイルアーティストとはネイリストとも呼ばれ、爪の形を整えたり、アクセサリーやイラストレーションと呼ばれるもので爪をデザインしたりする仕事や。
きょうびでは女性のネイルへの関心が高まっていて、お家で簡単にできるマニキュアやらなんやらのネイル関連の製品も人気があるんやよね。オノレの爪をより美しく、より個性的に、とネイルサロンに通う女性の数もどエライ増えてきたんや。

ネイルアーティストになるためには、とくに取得しておかなくてはいけへん資格はおまへん。
やけどアンタ、小さな爪をデザインする細かい作業やろから、技術力やデザイン力が要求されまんねん。ネイルの専門学校や、理容・美容師の養成施設で勉強したり、個人的にベテランのアーティストの指導をうけて勉強したりしまんねん。
また、実力を図る目安に、民間のネイリスト技能検定試験があるんやよ。
ネイルファッションの国際的な大会もあるので、そういったものに参加して実績をもつと、将来的な仕事の幅が広がるんや。

ネイリストの職場は、ネイルサロンが一般的やけどアンタ、「お客様を綺麗にする」といった同じ目的のもとに、美容室やエステサロンの中にネイルサロンを持っとるトコもあるんや。
また、きょうびでは、ネイルアートコーナーが百貨店の中に設けられとったり、特にお店を持たんとお客様のお家に出向いてネイルアートを行う出張サービスをしとるネイルアーティストもいたりと、様々な形で活躍の場が広がっていまんねんわ。

お洒落な女性が増えてきた今、ネイルも洋服のように気を使って当然、ちう考え方が定着してきたんや。
ネイルアーティストの将来性は高いといえまんねんね。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。