2008年05月13日

メイクアップアーティストとは

女性を綺麗にする職業には、美容師、ネイリストやらなんやらがあるんやが、メイクアップアーティストもその中の1つや。
きょうびではテレビや雑誌やらなんやらにも良くとりあげられ、話題になっとる職業やね。

実際のメイクアップアーティストとは、どのような仕事をしとるのでっしゃろか。
仕事内容は実に幅広いものになるんや。
人を綺麗にするのが一般的なメイクやけどアンタ、その時の洋服、肌質に合ったメイクをする技術も必要やし、テレビや映画、CM、雑誌やらなんやらの撮影や映像用にメイクをすることを専門としとる人もいまんねんわ。化粧品会社のサロンに所属して、専属アーティストとしてメイクのデモンストレーションをする人やらなんやらもいまんねんわ。
またメイクをすることは、顔の気になる部分をカバーして気持ちを明るくさせ、精神的なケアにつながるので、きょうびでは医療面や福祉面でも注目されとる仕事や。

メイクに関する基本的な知識や技術力はもちろんやけどアンタ、流行をとらえるセンスも必要やし、メイクと一緒にヘアスタイリングも行う場合も多いので、ヘアの技術もいっぺんに必要になってきまんねん。
撮影用のメイクは、日常的なメイクとは違い、単に美しくすればええちうわけではおまへん。その時の役柄や衣装、状況やらなんやらにあわせたメイクが必要になり、時には醜さを追求する特殊メイクをする時もあるんや。
そのためには、骨格や肌質やらなんやらを考えたメイクを行う想像力やセンス、幅広い知識が必要になるんや。

単に綺麗なメイクをする技術力だけではなく、トータル美容を考えた豊富な知識が必要となるわけやね。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96578149

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。