2008年05月13日

フラワーアレンジメントの先生になるには

お花に関わる仕事は、女性にとっては魅力的なお仕事やね。
中でも、フラワーアレンジメントの先生って、憧れの存在に思う人も多いのではおまへんでっしゃろか。
フラワーアレンジメントを習っていて、趣味にしとる人は多いやけどアンタ、それを職業とする先生になるにはどうしたらええのでっしゃろ。

最も一般的な方法は、フラワーデザインのスクールに通い、「お免状」をもろて先生として活動する方法や。
この「お免状」は、スクールによって違いがあり、免状を掲げて自宅でひっそりとフラワースクールを開催してもええ、ちうものや、スクール内でのみ先生やアシスタントとして仕事できるものやらなんやら、様々や。

実際には、免状がなくても教室は開くことができまんねん。
やけどアンタ、ほなら生徒は集まりまへんよね。
大きなスクールの名前があれば、それだけで生徒はんが集まってくれまんねん。

教室を開くまでには、最低2、3年の勉強が必要になるんや。
その間もちろん月謝代はかかるんやし、その他、試験代、お免状代も必要になるんや。
お免状代は平均して5万円程度にもなるんや。
ほんでいざ教室を開こうとした場合、自宅で簡単にちう場合は別やけどアンタ、最低100万〜200万の資金が必要になってきまんねん。

ちーとばかしお金がかかるんやよね・・・。
出費を最小限におさえた方法は、スクールでフラワーデザインを学びながら、国家資格をとって教室を開く方法や。
国家資格の名を使って生徒はんを集めるのやけどアンタ、オノレの交友関係の広さ、努力が必要になるんやね。

どの程度のレベルまでオノレが勉強したいのか、お客はんはどれくらい必要なのか、それによって、選ぶスクールが違ってきまんねん。
フラワーデザインのスクールを選ぶ時は、じっくり考えてから選ぶようにしまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96578144

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。