2008年05月13日

介護福祉士になるには

高齢化社会が進む中で、福祉関係の仕事は大きな意味をもっていまんねんわ。
福祉の仕事には、細やかな心配りや思いやりが必要となるんや。
そういったことからも、女性に向いとるとされる福祉関係の職業では、ようけの女性が活躍していて、また、福祉関係の職業に就くことを目標としとる女性も増えていまんねんわ。

福祉関係の職業には色々なものがあるんやが、その中の1つに、「介護福祉士」があるんや。
介護福祉士は「ケアワーカー」とも呼ばれ、身体的や精神的に障害がある人の日常生活のサポートをする仕事や。主な職場は、老人ホームや身体障害者施設、知的障害児者施設、リハビリテーションセンター、在宅での介護サービスやらなんやらや。

主な仕事内容は、食事や入浴、排泄、着替えやらなんやらの介護業務と、調理や洗濯、掃除や買い物といった、家事を援助する仕事になるんや。
また、介護を必要とする人だけでなく、その家族やホームヘルパーはんやらなんやらの相談役となり、介護方法のアドバイスをする仕事も大切な仕事になるんや。

介護福祉士になるためには、国家資格を取得する必要があるんや。
国家資格を取得するためには、養成施設を卒業して試験を受けんと資格を取得する方法と、3年以上の実務経験を行った後に国家試験を受けて合格する方法があるんや。
受験資格者としての実務内容は細かく決められとるので、事前に確認しておきまひょ。
資格はいっぺんとってしまえば、再登録する必要はおまへん。
ちーとの間現場を離れていても、日本国内どこででも介護福祉士として復帰することができまんねん。
介護福祉士として5年以上活躍すると、要介護認定に関する仕事ができる「ケアマネージャー」の資格を取得することもできまんねんよ。
介護士としてのスペシャリストを目指すなら、是非ウチにも挑戦してみまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96578134

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。