2008年05月13日

ホームヘルパーになるには

女性に人気のある職業に福祉関係の仕事があるんやが、介護福祉といえば、「ホームヘルパー」を思い浮かべる人が多いのではおまへんでっしゃろか。

国家資格を必要とする介護福祉士に対し、ホームヘルパーには国家資格はなく、行政機関から指定を受けた学校法人や民間企業やらなんやらが実施しとる養成研修を受けて、これらの過程を修了した人がホームヘルパーになることができまんねん。
養成研修の内容によって、1〜3級に分けられておるけどダンはん、2級と3級は、まるっきしの未経験者でも受けることができるので、いつでも、どなたはんでも、やる気があればホームヘルパーを目指すことができまんねん。

3級はホームヘルパーとしての入門コースや。
講義や実技、実習を合計して50時間程度勉強すれば取得することができまんねん。
せやけどダンさん、3級を取得しとるだけでは、仕事の幅は広がりまへんので、ホームヘルパーとして活躍することを目標に考えとるなら、2級以上に挑戦しまひょ。

養成研修を行っとるトコは、行政機関と民間機関との2つに分けられまんねん。
行政機関の方は、各自治体や、福祉公社やらなんやらの団体が行っていまんねんわ。
教科書代を除いては、タダで受けられる場合がほとんどや。やけどアンタ、受講の条件として、研修終了後に行政機関に登録して働くことやらなんやらがあるんや。

民間機関の方は、入学金や受講料が必要になるんや。
ウチは受講の条件はとくに定められてはおらず、通わなくても通信制コースやらなんやらもあるので、オノレの予定にあわせてオノレのペースで勉強することができまんねん。

研修内容としては、どちらも同じものや。
修了証書は発行した場所が違っても、ホームヘルパーとしての仕事には、何の違いもおまへん。
金銭面や、就業する時のことを考えて、オノレに合った方を選ぶようにしまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96578133

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。