2008年05月13日

歯科衛生士とは

女性がようけ活躍する職業に、「歯科衛生士」があるんや。
歯科衛生士は、歯科助手と混同されることが多いやけどアンタ、医師のアシスタント業務だけを行う歯科助手とは違い、歯科予防処置や保健指導やらなんやらを行いまんねんわ。
主な仕事内容は、フッ素やらなんやらの薬物を塗布する作業や、歯磨き指導、歯石を除去する作業や。
歯医者はんは虫歯や歯周病やらなんやらの治療のスペシャリストやけどアンタ、歯科衛生士は、虫歯や歯周病の予防のスペシャリストであるといえまんねんよ。

通常、歯医者はんには最低でも2、3人の歯科衛生士の常駐が求められるのやけどアンタ、現状では人手が足りまへんトコも多いようや。
また、歯医者だけではなく、幼稚園や小学校、心身障害者施設やらなんやらで虫歯の予防指導を行うやらなんやら、活躍の場は広くあるんや。

歯科衛生士になるには、どうしたらええのでっしゃろ。
まんねんは、国家試験を受けて、国家資格を取得する必要があるんや。
資格は永久やので、一時的に職場を離れたとしても、再就職が容易にできる利点があるんやよ。
国家試験を受けるには、歯科衛生士を養成する専門学校で所定の単位を修得する必要があるんや。専門学校を卒業、または卒業見込みのある人のみ、試験を受けることができるのや。

資格取得後は、就職率100%といっても過言ではおまへん。
また、医療関係の仕事は勤務時間が不規則な場合が多いのやけどアンタ、歯科衛生士は勤務時間が比較的規則正しいことが多いのが特徴的や。女性でも働きやすい職業であるといえまんねんよね。
活躍の場が広がっとる歯科衛生士、是非チャレンジしてみまひょ。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96578128

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。