2008年05月13日

エステティシャンになるためには

数ある女性の職業の中でも、女性の感性を生かした女性特有のお仕事の1つに、「エステティシャン」があるんやよね。

エステティシャンになるためには、国家試験やらなんやら、特別な試験は必要おまへん。
やけどアンタ、エステは人の体に直接触れるお仕事やので、きちんとした勉強をしておく必要があるんや。美容に関する事柄はもちろんやけどアンタ、人の体に対する生理学的な知識、また精神的な面や心理学やらなんやら、様々な方面での知識が必要になるんや。

エステについて勉強することができる専門学校や、エステのコースがある養成学校で学んだり、エステティック専門店に勤めてからそのサロン独自の研修を受けたりして、しっかりした知識と技術を身につけまひょ。

エステティック専門店での研修を受ける場合は、そのまんまそのエステサロンで働くことになりまっけど、エステティシャンの仕事先は、サロンだけではおまへん。
スポーツ施設やホテル、理容室や美容室やらなんやらがあるんや。

また、現場で実績を積んだ後に、民間資格である「認定エステティシャン」を取得し、さらに国際資格である「CIDESCOインターナショナルエステティシャン」を取得すれば、日本だけでなく、海外でも活躍することができまんねん。

「認定エステティシャン」とは、日本エステティック協会が認定する学校か、もしくは協会が主催しとる通信教育を修了して協会の正会員に入会した後に、試験を受けて合格すると取得できる資格や。合格率は80%やので、比較的合格しやすい資格だといえまんねんね。
「CIDESCOインターナショナルエステティシャン」は、国際的なエステティックの団体CIDESCOが認定しとるエステティックの資格で、認定エステティシャンの資格を取得した後、実務経験を3年以上積むと試験を受けることができまんねん。
CIDESCO認定資格者だけを採用しとるサロンやホテルもあり、また、資格手当てによって収入や将来性が違ってくるので、公的なエステの資格が確立されておらへん現在では、是非取得しておきたい資格や。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エステティシャンのお仕事

女性の職業の中でも、人気のあるエステティシャン。
エステティシャンのお仕事は、カウンセリング、フェイシャル、ボディケア、脱毛の4つに分けられまんねん。
サロンによって、これらをみな行うトコと、それぞれ1つだけを行うトコやらなんやら、その内容は様々や。

カウンセリングでは、お客様の肌の状態や、お家ではどないなお手入れをしておるかを聞き、お肌のためにはどのようなエステティックを行うかを決めまんねん。
お肌にとって、精神的にリラックスしとることは何より大切な事やので、お客様が安心して任せてくれるよう、熱心に話を聞き、ゆったりとした時間が作れるようにカウンセリングすることが大切や。

フェイシャルは、肌トラブルを解消し、お肌の調子を整える美肌のためのスキンケアと、小顔にすることを目的とした痩身系のスキンケアの2つに分けられまんねん。
美肌のためのスキンケアでは、フェイシャルトリートメントを行いまんねんわ。
お肌の汚れを丁寧に取り除いてマッサージを行い、お肌の血行を良くしまんねん。
この時、力の入れ具合や手際の良さやらなんやらの技術力がエステティシャンとしての腕の見せ所や。
痩身系のエステでも、お肌が荒れとる人や敏感肌の人は、肌トラブルの原因になってしまうので、事前にお肌の状態をしっかりチェックしておくことが大切や。

ボディケアでは、全身のお肌のマッサージやパックを行いまんねんわ。
美肌効果も目的としておるけどダンはん、痩身が主な目的や。
マッサージで発汗作用を良くし、体の老廃物を出してやるんや。
また、マッサージをすることで体の懲りをほぐす目的もあるんや。
筋肉の付き方やリンパの流れに関する知識も必要になるんやね。
リンパ系の知識やらなんやらも持っとると、より効果的に施術することができまんねん。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイルアーティストになるには

日本で人気のある女性の職業の1つに、「ネイルアーティスト」があるんやね。
ネイルアーティストとはネイリストとも呼ばれ、爪の形を整えたり、アクセサリーやイラストレーションと呼ばれるもので爪をデザインしたりする仕事や。
きょうびでは女性のネイルへの関心が高まっていて、お家で簡単にできるマニキュアやらなんやらのネイル関連の製品も人気があるんやよね。オノレの爪をより美しく、より個性的に、とネイルサロンに通う女性の数もどエライ増えてきたんや。

ネイルアーティストになるためには、とくに取得しておかなくてはいけへん資格はおまへん。
やけどアンタ、小さな爪をデザインする細かい作業やろから、技術力やデザイン力が要求されまんねん。ネイルの専門学校や、理容・美容師の養成施設で勉強したり、個人的にベテランのアーティストの指導をうけて勉強したりしまんねん。
また、実力を図る目安に、民間のネイリスト技能検定試験があるんやよ。
ネイルファッションの国際的な大会もあるので、そういったものに参加して実績をもつと、将来的な仕事の幅が広がるんや。

ネイリストの職場は、ネイルサロンが一般的やけどアンタ、「お客様を綺麗にする」といった同じ目的のもとに、美容室やエステサロンの中にネイルサロンを持っとるトコもあるんや。
また、きょうびでは、ネイルアートコーナーが百貨店の中に設けられとったり、特にお店を持たんとお客様のお家に出向いてネイルアートを行う出張サービスをしとるネイルアーティストもいたりと、様々な形で活躍の場が広がっていまんねんわ。

お洒落な女性が増えてきた今、ネイルも洋服のように気を使って当然、ちう考え方が定着してきたんや。
ネイルアーティストの将来性は高いといえまんねんね。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェブデザイナーとは

きょうび密かに女性に人気がある職業に、「ウェブデザイナー」があるんや。
ウェブデザイナーとは、簡単にいうとウェブサイトを製作する人のことを意味しまんねん。

ウェブデザイナーちう言葉が聞かれるようになりよったのはきょうびで、なるために必要な特定の資格ちうものはおまへん。ある程度のデザインセンスと知識があれば、年齢性別問わんとどなたはんでもなることができまんねん。また、起業しやすいといった点も、人気がある理由の1つや。
用意するものは、パソコン1つと技術力。始める時のリスクが小さいといった利点があるんや。

ウェブデザイナーを目指すには、ウェブデザイナーを育成する専門の学校や通信講座で勉強する方法が一般的やけどアンタ、独学で勉強してウェブデザイナーとして活躍する人もいまんねんわ。やけどアンタやはり、分かりまへんことをすぐに質問でき、ええ刺激を受けられる学校で勉強する方が近道であると言えるでっしゃろ。

ウェブデザイナーのお給料は、なんぼくらいやのでっしゃろ。
住んでいる場所や、その人の経験で異なりまっけど、最初は14万〜17万円程度や。
やけどアンタ、経験を積むと、50万円を超える金額を稼ぎ出しとる人もいまんねんわ。
アルバイトもあるんやが、ウチは時給1000円程度。普通のアルバイトよりは高めやね。
ウェブデザイナーだけではなく、ウェブディレクター、ウェブプロデューサーになると、収入はもっと高額になるんや。

ウェブの世界は、どんどん進化していきまんねん。現状にとどまらず、常に技術を学ぶ姿勢と、毎日の努力が必要になる職業や。
コツコツと物を作り上げていく、追求していくことを楽しいと感じることができる、職人気質の人に向いとる職業であるといえまんねんね。
posted by 管理人 at 17:17 | TrackBack(0) | 女性 職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。